ヘッダーイメージ
TOP  
会社概要 
工法紹介  
 バッサー工法
 ボルト注入工法
開発機材 
施工実績 
参考文献 
カタログ 
 事 例 集
バッサー工法とは

注入止水工法/TWS工法 

注入補修・補強工法 
 工法概要 
  漏水が構造物に与える影響は、鉄筋の腐食を招くなど、極めて深刻です。それにも関わらず、構造物躯体内部の漏水経路(水路(みずみち))を断たずに表面からの補修のみで、漏水を一時的に回避するに過ぎない事例が多く見受けられます。
 表面だけの止水にとらわれると、構造物内部に
水路を残してしまい、二次漏水を招いたり、止水状態が継続しない状況が発生し易くなります。
 そこで、表面近傍だけでなく躯体コンクリート内部から補修し、水路となる可能性のある微細な間隙をも可能な限り閉塞することが、漏水を止める重要な要素であり、構造物の延命化に繋がると考えてきました。
 このような見地にもとづき、コンクリート内部から補修することを可能にした手法がバッサー工法(内部誘導型注入工法)です。
 バッサー工法は、コンクリート内部の水路と考えられる間隙へ向けて削孔した注入孔から、エア駆動式ピストンポンプにより
誘導パイプを経由して止水材料を躯体内部から注入し、微細なひび割れ鉄筋周りの微細な間隙等を通じて広範囲に充填閉塞する工法です。 
 
工法概要図
 
東急建設株式会社技術研究所にて試験体を製作

注入経路確認
   
 
 注入止水工法/TWS工法  注入補修・補強工法
 
 誘導パイプの効果
1. ノズルと躯体の双方を固定
⇒ノズルの抜けを防止
 
      

2.  削孔時、切り粉で間隙部が閉塞されても、高圧注入を行うことにより削孔粉を押し出し、注入が可能となる。 


 
   
   ドリル削孔時  注入時

3.  注入圧力の躯体(表層)への伝搬を回避⇒躯体の損傷抑制 

   
 
4.  繋がっている間隙部に広範囲に注入が可能 

   
 注入止水工法/TWS工法 注入補修・補強工法 
Top
 会社概要 工法紹介  開発機材  施工実績  参考文献

PDFで初めてご覧になる方は「GET ADOBE READER」のボタンをクリックし、説明に従いAdobeReaderをダウンロードして下さい。 
フッターイメージ