ヘッダーイメージ
TOP  
会社概要 
工法紹介  
 バッサー工法
 ボルト注入工法
開発機材 
施工実績 
参考文献 
カタログ 
 事 例 集
工法紹介

バッサー工法 (内部誘導型注入工法)
   
 注入止水工法/TWS工法
 コンクリート構造物に生じたひび割れ、打継ぎ、ジャンカ等からの漏水を確実に止水する注入工法です。
 広範囲に・高密度に止水材の充填が可能となり、これまで止水が困難であった漏水状況にも適用できます。

使用材料:2液型疎水性発泡ウレタン樹脂、その他 
 
   
 
   
 注入補修・補強工法 
  止水工法のノウハウを補修・補強の分野へ応用した注入工法です。構造物に発生したひび割れ等の間隙部に対し、構造物の内部から表面まで全体に補修材(接着剤等)を充填することができます。また、大断面にも注入が可能です。

使用材料:エポキシ樹脂・アクリル樹脂、その他
 
   
   
 ボルト注入工法
   
 止水・補修工法 
  ボルト/ナットで締結、組立てられた構造体の接合部の間隙や空洞に対して、ボルト/ナットに直接注入器具を取付けて補修材料を注入充填します。そのため、構造物への削孔が不要です。

使用材料:2液型疎水性発泡ウレタン樹脂、その他
 
   
 ※対象物によっては適用が難しい場合もありますので、ご相談・下見が必要です。 
フッターイメージ